Top > カードローン > 急な出費でカードローンに頼った私

急な出費でカードローンに頼った私

日々の暮らしでは何かと出費が相次ぐので、なかなか心収まることがありません。
特に自分のような歳になってくると、友人や仕事仲間などの結婚式などが急に飛び込んでくることもあって、そうした時に数万円のお金を捻出しなくてはいけないことにちょっと気が滅入っています。
そこで生活費の不足分を補うために契約して始めたのが消費者金融のキャッシングでした。
自分が選んだところは結構様々な客層に対してお金を融資してくれる消費者金融で、これによって月々お金を3万ずつくらいキャッシングすることで、だいぶ生活も余裕が出てきて、心の不安も落ち着くようになってきました。
ところが、そうしたある日、私に人生最大の大きな出費の機会が訪れました。
というのも、私は今の仕事をもっと堅実なものへと高めるために専門学校へ通うことを決め、その費用の支払が必要になったのです。
問題は貯金で賄えない不足金の支払をどうするかと言うことです。
これまではキャッシングで何とかなっていましたが、必要なのは月々の3万円ではなく、もっと高額の100万円以上の額です。
これにはキャッシング契約で決められた融資限度の枠を変更する必要があります。
こうして枠を変更するにはどうすればいいのか、さっそく消費者金融に電話で尋ねてみました。
すると、電話上で担当者が手続き方法に関して教えてくれました。
それによると、ネット上や店舗窓口で正式な手続きを行い、その審査にパスすればそれが叶うとのこと。
言われた通りに行ってみると、これまで自分の借り入れ返済に全くの落ち度がなかったことが幸いしたのか、難なく枠を拡げてもらえました。
これによって専門学校の授業料を捻出することができ、自分はまた新たなステップアップに向かって歩み出すことが出来るようになりました。
こうしてかかった費用をムダにしないようにしっかりと学んで役立てたいと思います。
専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローンというサイトで知りましたが、収入のない専業主婦でもカードローンで借りられるそうですよ。

カードローン

関連エントリー
急な出費でカードローンに頼った私
カテゴリー
更新履歴
増大サプリといえばこれを選べばいい(2018年5月 9日)
急な出費でカードローンに頼った私(2018年5月 8日)
賠償リスクがなくせる(2018年3月28日)
生きた英語を学べ(2018年3月21日)
成長期の子供に飲ませたいものとしてこんなものも(2018年3月19日)